モチベーション維持の方法

社員を巻き込む"誰いつメモ"

具体的に整理・整頓・清掃を進めるうえで、社員一人ひとりのモチベーション維持につながったのが、誰いつメモの取り組みでした。

誰いつメモとは

誰いつメモとは、「誰が、いつまでに、なに(改善内容)をやります」と記す提案書です。それを行うことでどんな効果があるのかも書き出します。

思いついたときに書いて誰いつメモボックスに入れておきます。レストランや小売店などにある意見ボックスと同じような仕組みです。

誰いつメモ


ちなみに「誰」というのは書いた本人になります。「他人になにかやらせる」というものではないので、注意してください。そんなものを社長が書き出したら、社員は逃げ出してしまいます。「自分がいつまでにこれをやります」という宣言書なのです。社員としても自分でいったからには、やるしかありません。

誰いつメモ 雛型のダウンロード

≫ 誰いつメモ 雛型(PDF形式)をダウンロードする

成果を"見える化"して、やる気を持続

改善活動とその成果を"見える化"して、社員全員で共有しましょう。

提案件数のグラフ化

改善活動も、漫然とやるのではダメです。どのように改善し、いかに変わったかを社員全員がしっかり認識出来るようにすることで、5S活動に対するモチベーションがアップします。その結果、大きな成果を上げられるようになるのです。

弊社では、社員それぞれの誰いつメモの提案件数を集計し、グラフ化して貼り出しました。1万件を達成するには1人あたり月に何件出せばいいのかを計算して、目標ラインとして明記します。そこに到達するには、あとどれくらい誰いつメモを書かなくてはいけないか、個々人が意識できるようにしました。

こうしてグラフ化してみると、誰がどれだけ出しているか、さらには全社的な改善の進み具合も一目瞭然です。これは改善に向けて率先して行動する環境づくりの一環として行いました。

誰いつメモ集計グラフ


改善前・後の写真

また、改善活動を行う際には、必ず改善前の様子を写真に収めます。そして、改善後と比較して張り出しておきます。このように改善前と改善後を比較できるよう、"見える化"しておくことも大切です。

人は環境が整うと、すぐに前の状態を忘れてしまいます。改善前の状態を目に見えるよう残しておくことで、「こんなに変わったのだ」という新鮮な驚きが、常に社員の心に刻まれます。それが社員のやる気を維持させるのです。

イベント・セミナー情報

兵庫3S研究会 4周年記念発表大会

【日時】10/17(火) 13:30-17:00

【会場】神戸市産業振興センター

続けているからこそ伝わって来る「ありのまま」を、参加企業自らが語ります。飛躍的な改善成果や具体的な実践法も満載。同業他社問わず注目の4周年大会!

≫詳細・申し込みはこちら


場所の3S、モノの3S、そして情報の3Sへ

展示会『メカトロテックジャパン2017』会場内の出展者ワークショップにて、セミナーを行います。

【日時】10/19(木) 11:00-11:40

【会場】ポートメッセなごや 第4会議室


工場見学会&3S講習会

新入社員向け団体での見学

3S実践テクニック講座 ビギナー編

3Sマネジメント講座

3S活動関連グッズ

≫ すべてのグッズを見る

人を育み、利益をもたらす 会社を強くする習慣 ―― 枚岡流「徹底3S」9つのルール

古芝保治(著)

弊社代表の著書、待望の第2弾。

儲けとツキを呼ぶ「ゴミゼロ化」工場の秘密

古芝保治(著)

弊社代表の著書。弊社の3S活動の理念が凝縮された一冊です。

3S活動の改善事例集CD ~実践編~

弊社の改善活動の事例と、その具体的な実践手順について解説。

ビッグインタビューズ あなたの会社も儲かる体質に変わる

本や講演では知ることができなかった話が満載の、弊社代表のインタビューDVD。