5S活動と3S活動の手引き

工具棚のコンビニ棚化

概要

工具を収納するコンビニ棚を設置します。工具の取り出し時間が短縮され、余剰発注も無くなります。

整頓を始める前の枚岡合金工具では、社員が旋盤用ドリルを使うときには、目測で「これかな?」と思うものを取り出し、サイズを確認して、違っていたらまた別のを探す…という作業をしていました。

一人当たり一日30分もモノ探しに費やしていました。当時の社員数が12名でしたから、これは年間で30分×12名×268日=1608時間もモノ探しに当てていたことになります。

改善前 改善後
  • 工具を探すのに時間がかかる
  • どの工具が足りないのか分からない
  • 工具の取り出し時間がわずか10秒に
  • 工具の数がすぐにわかり、余剰発注が無くなる