5S活動と3S活動の手引き

工具掛けの形跡管理

概要

よく使う工具は、壁にかけて取り出しやすいよう工夫しています。それぞれの工具のアウトライン(輪郭)を背景に書いておくことで、違う場所に掛けてしまうことを防いでいます。これも「形跡管理」の方法の一つです。また、工場内で今どの工具が使われているのか、稼働状況も一目瞭然になります。